自分の小さな箱から脱出する方法は役に立たないと思った人へ

「ちょっと来てくれるかな?」

上司に呼び出されて行ってみると、私が「箱」に入っているという。

私が間違っている?いやそんなはずは…



今回はアービンジャー・インスティチュートの
自分の小さな「箱」から脱出する方法という本。

「心を自己中心的にする箱の存在に気づき人間関係の問題を解決しよう」
という内容ですが、なかなか上手くいかないこともあります。

「こんなの綺麗事だ」と感じる人もいるかもしれません。


ただ、メッセージの受け取り方を考えることで、
この本の主張を生かせるかもしれないと思っています。


未読の方にも分かるように書いていきます。

「自分の小さな箱から脱出する方法」を要約


この本では、
自己中心的な考えに陥り相手を責めてしまう状態を
”箱に入る”と呼んでいます。

どういうときに箱に入るかというと、
自己欺瞞、つまり正しくないと思う行動をして自分を正当化したときです。


例えば、電車で目の前に杖を持ったお年寄りがいて、
迷ったあげく席を譲れなかったとき。

「この人は老人というほどの年齢ではないだろう」
「どうせみんな譲らないし」

といった具合に言い訳を考えること。
似た経験は誰しもあるのではないでしょうか。


この自己欺瞞に閉じこもると、
自分を正当化するためのフィルターを通して周りの世界が見えるようになり、
箱から脱出しにくくなっていくのです。

初めに席をゆずり損ねたという体験があるため、
それ以降は席を譲りにくくなるんですね。



一度箱に入ってしまうと抜け辛くなってしまう。

では、箱の中から出る方法は何かというのが重要なところです。


その方法として、
相手が自分と同じ一人の人間として認識するということが言われています。

自分と同じだけの大切な存在だと理解することです。


相手を一人の人間として認識したときには既に箱の外に出ているのです。

電車で席を譲ることも実際にやってみると、
意外と喜んでくれることに気づきます。
それに、断られたとしてもマイナスではないのです。

ただしこの場合のように、
相手との関係が知り合いまでなら有効ですが、
もっと身近な場合には問題の根は深く、
簡単には見方を変えることはできないはずです。


つまり、箱の外に出たくても出られない。


生きていく上で避けにくい相手を考えてみましょう。

たとえば家族。
ずっと親に否定され続けてきたというケース。
職場の苦手な上司についてでもいいでしょう。

この場合は相手も箱に入っていると考えられます。
このとき互いに相手を誤解し、対立します。


自分が箱から出ようとしても相手は攻撃的。

これでは外に出ようと思っても相手が出させてくれない。

こういうとき、
箱の中にいるときにしても無駄なことが挙げられています。

1.相手を変えようとすること
2.相手と全力で張り合うこと
3.その状況から離れること
4.コミュニケーションを取ろうとすること
5.新しいテクニックを使おうとすること
6.自分の行動を変えようとすること

上の項目をみると、一見できうるすべてのことが無駄なように思えます。
なにも出来ないじゃないかと。

ただちょっと考えてみます。

ほとんどの人はこうなっている。

「ある人に対しては箱の中にいて、またある人に対しては箱の外にいる。」


この関係により、
箱の外に出ているときに学んだことと、
目の前の人が常に持っている他者性が相まって、
相手の人間性が、箱を突然つき通す瞬間がある。

と本書で述べられています。

これについて私は実感が湧きませんでした。


そこでもう少しかみ砕いて、
箱の外に出るにはどうすればいいのか考えてみたところ、
まずは目の前の人ではなく全く別の人と箱の外の関係を作り、
その関係を増やしていこう、ということなのではないかと思います。


箱の外で付き合える関係が多いと、
人を一歩引いて見る余裕がもてるため、
今まで自分が箱の中から見ていた相手を箱の外から見られるようになる。


複数の人と心地よい箱の外の関係を築けていて精神的に充実していれば、
たった一人の悪口や皮肉で箱に入ることは起こりにくくなる。

そして、自分に余裕があるときに、うまが合わない相手と対峙する。

その時何か否定的なことを言われるかもしれない。

そこですかさず、外で広げた価値観に照らし合わせてみる。
他の場所では箱の外に出ていたことを思い出す。
「まあいいか」と考えて、一歩引いて見る。

すると、今まで気に障っていたことが
気にならなくなる瞬間があるということなのだと思います。


もしここで怒りに囚われてしまうならばまだ余裕が足りず、
外の関係が足りないということかもしれません。


親と対立関係にある場合では、
一旦親から離れて外の関係を作るのです。


本書でも、

箱の中にいるときにその場から離れることは解決にはならないが、
場合によっては正しい。

とあります。


逃げることで箱から出られはしないが、

今すぐ箱から出なければいけないわけではない。

とりあえず保留でいいのです。


最終的には箱から出る必要がありますが、
それは箱の外で付き合いに余裕ができてから
改めて取り組めばいいのだと思います。

箱の外で話せる相手は、
普段の行動範囲から一歩外に出て探し始めたときに、
意外にも突然見つかります。

まとめ

何から始めるかが大切なのだと思います。
初めに歩き出す方向が間違っていると、
いつまでも迷路から抜け出せないことになる恐れがあります。

初めにすべきことは、
自分にとって箱の外に出やすい人との関係を強くすることです。

それにより箱の中から見ていた人に対しても、
箱の外に出やすくなっていきます。


完璧な解決法であるかは置いておき、
現実的なことから始めるのが良いと思います。

自分の味方がいない状況では身動きが取れなくなります。


以上を念頭におくと、

「知ったことに即して生きること」

この部分のそれぞれの項目が
大きな意味を持ってくるのではないかと思われます。


ただし箱の外に出る過程で、ある程度のストレスがかかるかもしれません。
心・体に関わらず、自分を変える際には負荷がかかるものです。

そのため対人関係改善にはストレスの対処も重要です。


ストレスへの対処法としてマインドフルネス瞑想というものがありますので、
こちらもぜひご覧ください。

ながらで出来るマインドフルネス瞑想3つ

2019.05.31

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください